スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく川の水は絶えずして また 元の水にあらず :総論

IMGP0791ss.jpg
ユーコン川 遠征記 総論 
ちょっと かっこつけて 書くぞ!!



5日間 165km の距離を 何万回パドリングしただろうか

15ラウンド打ち合った ボクサーどうしみたいに
言葉を交わすことなく 
ユーコン川と語りあったように思える

IMGP1272ss.jpg
ガイドのカートは 
更にもっと この自然と 黙して語りあっているのだろう
やつは厳しい寒さに適応した巨大な肉体と 
ひげずらの風貌で
心優しき灰色クマだ

ユーコン川を包み込む アラスカの風景は 
決して多彩ではない 

蛇行した川の次の瀬を回ると 
また次の風景が顔をみせるのだが

むしろそれは 木の年輪の様に 
おそらく白とまっ白で構成されるであろう長い長い冬と
僅かの晩秋のごとき夏で織りなす
この地に訪れる四季の様に

単調なものであるようにも思われる


ゴッホが 何枚もひまわりや 糸杉を 書き続けることにより
色彩が多次元的に付加されていったように

網膜に 雄大で深い碧は 塗りこめられてゆく


IMGP1184ss.jpg
雲の形や厚さによって 
地上ぎりぎりを走る太陽の
高さによって

その単調とも思える風景は 微細な 色調の変化が与えられる


そして さらに僕の網膜の 深い部分に 
その山河を 焼きつけてゆく

その証拠に 日本にいる 今でも 
目を閉じれば
あの 冷たく透明な風の匂いとともに 
あの風景がよみがえる

観光バスで 絶景ポイントを移動してゆくのとは 対極だ


河は蛇行しつつも  
雄大な水の一見意図のない移動はすべてを 
総じて一方向に もってゆく
 
蛇行する広い川幅の少しでも 流れが有利な場所に向かうように 
舳先を右へ左へと 回転させているのだが

複数艇のカヌーが いかにきまぐれな 方向どりをしたところで
結局は 大した優劣なく 
夕刻には 否応なく 目的のキャンプ地に 我々を
運んでくれた


必然論者 運命論者である私の人生感と 重なりあうようだ

こざかしい事を 考えずに
 
ただ ひたすら パドルを 漕ぐ 漕ぐ 漕ぎ続ける事が 
僕のやり方なのだろう

心拍数の高なりは 僕の体が 
クエン酸回路を早く回し続ける 
バイオ蒸気機関車となっている事を知らせてくれる
 
河の流れは水泡を形成し 
やがては 大気にその泡は 吸われてゆく

同じ様に この地で幾多の生命を生み そして 殺してゆく
結局 生き続けるのは ユーコン川だけなのだろう

IMGP1010ssss.jpg
風景がながれれば 
この ささやかな 親子の生命体が アラスカの自然に
悠久の時の堆積に比すれば瞬時ではあろうが
ともに生きる事を許容されている 喜びを感じる


川を溯る 力はない
そんなもの とうてい まったく 無い

木の葉以上 鮭未満の力で 頑張る ところが 適切なのだろう


これからの 生き方は これだね

そう 考えた

 







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝霧インプラントセンター コイケ歯科医院

Author:朝霧インプラントセンター コイケ歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。