スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のいきさつ

この春 一人娘の大学受験があった
家業を継ぐべく 歯科大学を受験したのだが ことごとく失敗であった
威厳という意味では 父親らしさのなど 
これっぽっちも持ち合わせていないのだが
合格発表当日までは 時間の密度がすこしずつ 大気に圧力をかけ 
それを 呼吸するのが 重々しく 感じた
すこしは 親らしく心配もするのだ
(どうだ すごいだろう そうでもないか・・・)

発表時刻には 春先の すこし季節はずれぎみのスキー場に僕らはいた
水分を含んだ重いボードシューズを脱いで ネットに接続して 
娘と二人して結果を検索する

娘の視線は 小さなディスプレイという 掲示板の中で 何度も泳ぐ
どこにも 彼女の受験番号はない
少なくとも彼女の社会的な 居場所もなくなったことがわかった

その瞬間 次の方針が決まったせいか 重い気分が一気に 消失した

受験をはじめとする 資格試験の怖さは 
もう一度やり直す徒労の始まりの辛酸ではなく
自分の夢をあきらめる選択を強いられることである

大人とは 青春という執行猶予期間に結果を出せずに 
裏切られた若者の姿だと言う人もある
 
娘の場合 彼女が望めば 何年浪人しても
何度やり直してもいいのだ
本意でないとしても方法論としては私立大学だってある
僕の時とは経済状況がうんと 違った
(僕は大学2年の時に父は退職し年金生活者だった)

中高私立で あらゆる塾も網羅していた娘
その教わり上手な 勉強方法に疑問を持っていた

学問とは 個として書に向かい 自然界に向かい 自己と向き合い
自問自答しながら行うもの
そして 生涯続くものであるべきだ

自然科学者の資質 臨床家の資質はそうして 培われるはずである

予備校には行かず 群れずに一年すごそう

それが 今後の方針なのだ

そして 仕切りなおしに 家族で 10日ほど旅行にでも行こう
かねてから 望んでいた イスラムの国 イスタンブールに行こう

口ほどもなく なんともヌルイ
冥府魔道の道を行く親子であった・・・ 



そんな ところが GWに イスタンブールに行った
旅行に行くことになったいきさつなのだ

明日から 5日に分けて 久々の ランニング旅日記の再開です
P4300307sss.jpg


(写真は砂漠の オアシスの木に 羽休めをする 一羽の鳥です)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朝霧インプラントセンター コイケ歯科医院

Author:朝霧インプラントセンター コイケ歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。